株式会社エニアグラムコーチング - エニアグラム・アカデミー [Web通信講座]

エニアグラム・アカデミー [Web通信講座]

エニアグラムの学校 通信コース 

こんにちは。
エニアグラムWeb通信講座の講師を務めます、安村明史です。
このページは、Web通信講座の魅力を知っていただくために書きました。
ぜひ最後までお付き合いください。

ある朝のオフィスのことです。

その日、高橋課長の部下である佐藤さんが、1時間遅刻をして出社してきました。佐藤さんはベテランのマーケティングスタッフです。高橋課長と佐藤さんは長年共に働いた仲間であり、課長は彼女の安定した仕事振りを信頼してきました。

いままで特別な理由なく遅刻することなど一度もありません。その佐藤さんが、今日で3日連続の遅刻です。高橋課長は、毎回それとなく注意してきました。しかし、今日に到っては少し厳しく注意をしなければ・・・、高橋課長はそう考えました。

 

高橋課長は、佐藤さんを小会議室に呼び出し、話し始めます。

「仕事の調子はどうだい」

「はい、まあまあです」

「最近遅刻が多いようだけど、どうしたんだい、いったい」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・申し訳ありません」

 

「君らしくも無いね。いままで、こんなことは、無かったじゃないか」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はい、ちょっと」

 

「何故なんだい。朝のミーティングに出ないと業務の効率が悪くなるよね」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ええ」

 

「黙っていたんじゃわからないよ。君に期待しているから言っているんだ」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

 

「上司からの目もあるし、理由だけでも教えてくれないか」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

 

この間10分ほどでしたが、何も話そうとしない佐藤さんに高橋課長のイライラが募ります。それでつい、強い口調になってしまいました。

佐藤さんは、エニアグラムでは、タイプ6にあたります。

エニアグラムとは、人間の自我・気質は9つのタイプに分かれるという理論で、人間力を高めるためのツールとして、様々な組織や教育の現場で活用されています。

現在、IBMや家庭教師のトライ、あさ学ナビなど多くの企業が採用しています。また、偏差値30から慶應大学に現役合格した「ビリギャル」のさやかちゃんも、このエニアグラム理論が功を奏した事例です。

佐藤さんの自我・気質であるタイプ6はアニメキャラクターで言えば、マスオさん・星飛雄馬のタイプです。

マスオさん・星飛雄馬タイプ(タイプ6)

 

タイプ6の方は、穏やかな人柄で優しい性格です。忍耐力があり、責任感が強く、誠実さを大事にしています。目配り気配りに長けたサポーター、周囲の人、特に目上の人を気にします。前例やマニュアルを重んじ危機管理は万全、常に安心安全な道を選択します。

 

 

タイプ6の佐藤さんは、相手に誠実に応答しようとするため時間がかかります。特に今回のように悩みを内に抱えているときは、長い沈黙を要します。タイプ6との日常的な会話に、「当意即妙」「打てば響く」といったやり取りはありえません。ひとつひとつ、息をひそめるように考え、相手の言わんとすること、相手の立場、自分の役割、チーム内の人間関係などを必死に考え、答えを出そうとするからです。

 

タイプ6は他者からの注意、叱責にすら誠実に受け答えしようとします。タイプ6の自我・気質は、極めて慎重かつまじめです。佐藤さんのアタマの中では、上司に叱られていることも、質問に答えなければならないことも、十分すぎるほどわかっています。まして反抗している、などという意識は全くありません。

タイプ6の佐藤さんは、もう少し考えたいのです。質問に集中してホンの1分、考える時間をもらえれば話し始められるのです。

 

ホンの1分・・・

 

しかし課長は佐藤さんからの答えを待ちきれず、矢継ぎ早に質問を浴びせてしまいました。高橋課長は、相手からの反応が遅いとイライラし、興奮が高まるので、相手が考える時間を待てません。無駄な時間だと感じてしまうのです。

 

しかも課長は、「上司からの目もあるし」とまで口にしてしまいました。内心「しまった」と感じても、取り返しがつきません。

 

さて、あなたが高橋課長の立場であれば、佐藤さんをどのようにマネジメントするでしょうか? 

この話は2ヶ月後、佐藤さんの辞職という形で幕を閉じます。

残念ながら、高橋課長の指導は良い結果には結び付けられませんでした。

 

話を、もう少し先に進めましょう。

 

実は、佐藤さんの隣の席には3ヶ月前に異動してき同僚の女性がいました。最近の佐藤さんはその女性、飯田さんとの関係をとても負担に感じていたのでした。

 

飯田さんは仕事に対する姿勢に非常に厳しい完全主義者です。会社でも「几帳面な飯田さん」として、一目置かれた存在でした。

彼女は自分の仕事についても、常に完全であろうと努め、きちんとこなします。それだけに、佐藤さんの細かいミスが気になります。「私はこうあるべきだと思う、でもあなたはできていない」と、佐藤さんを責め立てるようになりました。

 

佐藤さんは遅刻事件の1ヶ月前から、飯田さんに細かいミスを指摘される日が続いていました。ついに胃が痛みはじめ、出社する意欲も減退していたのです。

 

高橋課長、そんなことなどつゆ知らず、佐藤さんの仕事の進捗にまで言及しました。

 

「そもそも、今回のプロジェクトの報告書が遅れているが、あれはどうなったんだ」

 

課長からの叱責を聞きながら、佐藤さんはとうとう話せなくなってしまいました。自分の中でも収拾がつかないほど、いろいろな考えが浮かんでは消え、浮かんでは消え、どうにも手の施しようが無くなって、涙が出てきました。

 

その夜、佐藤さんは家に帰り一人ベッドに入りました。すると、その日あったことが何度も何度も浮かんできます。何度も目が覚めました。佐藤さんは、その後何日もこの件について考え続けました。

 

佐藤さんのアタマの中では、このような言葉が繰り返されました。

 

「飯田さんは悪くない。きちんと仕事をしているしミスもしない」

「高橋課長も悪くない。上司として責任を果たしているし、面倒も良く見てくれる」

「じゃあ、悪いのは私?なぜ?仕事もちゃんとやっているし、まじめにやってきた。でもやっぱり悪いのは私?なぜ?私?」

 

何度も何度も、同じ問いと答えがアタマのなかで繰り返されました。何度も何度も。

 

そんな日が何日も続き、佐藤さんはとうとう最後に、こう考えるに到りました。

 

「私がいると会社が迷惑。私なんていない方がいい。私が辞めればいいんだ」

 

佐藤さんはその2ヵ月後、悩みを解決できないまま、辞表を提出しました。

 

ところが、職場で本当に大変なことが起こったのはその後でした。

 

2ヵ月後、当の飯田さんも体調不良で時々会社を休むようになっていました。御主人が、毎日頭痛とめまいを訴える飯田さんを病院に連れて行きました。そしてしばらく休職し、半年後、辞表を提出したのです。医師の診断は「うつ病」でした。

 

飯田さんはエニアグラムのタイプ1にあたります。

アニメキャラクターでは星一徹タイプで、完全主義者です。

 

星一徹タイプ(タイプ1)完全主義者

 

タイプ1の方はどんな些細なことにも後ろ指を指されること、人の道にはずれることをしません。不完全なこと不十分なこと、うまくいかなかったことに対して活動します。理想主義者で妥協はしません。物の見方が厳しく、いいかげんなことは言えない雰囲気を感じさせます。

タイプ1の気質には「ミスを気にする」「高い目標を設定する」という特徴があります。「ミスを気にする」「高い目標を設定する」という気質が、抑うつと高い相関関係にあることは専門家の研究で多数報告されています。

 

そしてさらに、高橋課長も強いストレスを感じ始めていました。短期間に2人の優秀な社員を辞めさせてしまった責任を、上司から問いただされていたからです。高橋課長は、他者からの評価を大変気にする気質です。上司から×をつけられたのではないかと思った高橋課長もまた、将来に大きな不安を感じていました。自分もいつかは失職するかもしれない、そんなことをぼんやりと考えていました。

 

高橋課長は、エニアグラムでは峰不二子タイプ(タイプ3)です。峰不二子タイプは、他者からの高い評価を求め続けるタイプです。他者からの評価が下がってしまうと無気力になり、燃え尽き症候群や、ホームレスになってしまう方すらいらっしゃいます。

 

峰不二子タイプ(タイプ3)成果主義者

 

タイプ3の方は、服装にも気を使い、さっそうと格好良く見え、自信家です。バリバリと仕事をこなし、何事にも挑戦的に取り組みます。誰にも負けない結果を出して認められる人間になろうとします。目標に対して意欲的で、特に競争の場では高いモチベーションを示します。


 

 

この物語のようなことは、あなたの職場でも起こっていませんか?

 

事実、部下を持つ方たちからはこんな悩みが聞かれます。

 

・部下が動かない

・部下に話しても伝わらない

・部下が本音を話してくれない

・指示を出しても理解しているか不安

・部下の考え方が理解できない

・年長の部下への対応が難しい

・遅刻するなど、ルールを守れない

・質問しても答えない

・責任を取らない

・言い訳をする

・一貫性がない

・評論はするが、仕事をしない

・スピードが遅い

・無駄なことに時間をかけすぎる

・話が長すぎる

・細かいところばかりついてくる

・ミスが多い

・モチベーションが低い

・報告・連絡・相談を後回しにする

・チームをコ ントロールできない

・叱ると黙り込んでしまう

・すぐ辞めてしまう

・人の話を聞いていない

・勝手な行動を取る

・反抗したりすねたりする

 

では、あなたの部下は、あなたをどう見ているのでしょうか。

 

・理不尽な怒り方をする

・いじめる

・仕事を丸投げする

・いやみを言う

・ネチネチ説教する

 

さらに・・・

 

・やたらと声が大きい

・結果だけを求めてプロセスを見ていない

・パワハラ・セクハラをやめてくれない

・話が長い

・自己中心的である

 

「え?自己中心的とは、部下の方ではないか」とも思われますが・・・さらに・・・

 

・上司とコミュニケーションが取れない

・上司の考えが理解できない

・自分を理解してもらえない

・会社のブランドを高める施策を取ってくれない

・この会社にいても、自分のキャリアが高まらない

・業績を上げても、給与を上げてもらえない

 

「はあ、よくもここまで言えるな」と思いますよね。

しかし・・・

 

・強いリーダーシップを発揮してくれない

・指示・命令を明確に出してくれない

・上司でありながら、遅刻をしてくるなど、ルールが守れない

・質問しても答えてくれない

・責任を取ってくれない

・一貫性が無い

・先見性やアイデアを示すなど、ビジネスモデルを革新してくれない

・将来の輝かしいビジョンを明確にしてくれない

 

「もういい加減にしてくれ」と言いたくなりますが、彼らの不満はまだ続きます。

 

・社員の成長に寄与するような育成システムや教育体系を整備してくれない

・上司として頼りない

・部下に対する思いやりがない

・公平かつ適正に評価してくれない

・気に入った部下とだけ話す

・会社に来ない、どこにいるかわからない

・上司が、自分の話を聞いていない

・指示したことをすぐに忘れる

・毎回指示の仕方がばらばら

・思いつきで指示をする

・アイデア豊富だが、実行力に欠ける

 

ここまで、言われると腹が立つというより、呆れてきます。「自分のことは棚に上げて、言いたいことばかり言いやがって」そう思われるかもしれません。

しかもやっかいなことに、部下は、上司に行動や態度を改めてほしいと思っています。あなたが部下に「変わって欲しい」と願っているように、部下も上司であるあなたに、「変わって欲しい」と願っているのです。

けれども、そもそも他人を変えることなどできるのでしょうか。

 

上司部下の関係のほかにも、組織の人的課題として指摘されていることはたくさんあります。

 

・職場でうつ・メンタル不調問題が発生しているが、決定的な対策が無い

・人間関係に閉塞感がある

・他チームとのコミュニケーションが悪い

・メールのやり取りが多くなり、人とのコミュニケー ションが不足

・本音で話せない、つきあえない

・人材育成が定着しない

・研修をやっても成果が見えてこない

・どの研修が不足しているかがわからない

・採用は不足人材を補うだけで、攻めの採用になっていない

 

では、いったいどうすれば良いのでしょうか。

 

職場の問題、上司・部下の問題、対人関係の問題をないがしろにしようと思っている人はいません。特に、このページを読まれているあなたは、真剣に対人関係の問題を解決したいと考えていらっしゃることでしょう。他者の行動・態度を変える技術を学びたいと考え、「7つの習慣」や「嫌われる勇気」など様々な本を読まれたかもしれません。プレジデントなどのビジネス誌を購読したり、様々なセミナーにも出かけたことがあるかもしれません。

 

しかし、本を読んで、セミナーに出て、職場や、あなた自身の対人関係の問題は解決したでしょうか。意に反して、対人関係の問題は増え続けているのが現実ではないでしょうか。職場では、上司からパワハラを受けているスタッフがうつ病になり、休職しています。今の日本はうつ病予備軍1000万人と言われています。その原因のほとんどは対人関係です。いつ自分がうつ病になるやもしれない、それが現代社会です。

 

対人問題の解決方法、それは、「他者を理解すること」です。

「他者を変えること」ではなく。

 

あるコールセンターで、対人関係が劇的に改善された例があります。

実はこのコールセンターは、当初は極めて不健全な職場でした。

 

たった3か月間で3割もの退職者。 会社に残ったスタッフも、職場改善に取り組まない会社に不信感を募らせていました。パソコンを蹴る、ゴミ箱を蹴る、大声を出す、受話器を投げつける。スタッフのストレス度は高く、リーダー、マネージャーも精神的に辛い状態が続いていました。

 

お客様のため、「呼び出し音5回以内」が数値目標。配置人数は2割増やしています。にもかかわらず、数値目標は未達が続きました。コーチング、コミュニケーション、話し方、テクニカル・・・既に多くのスキル研修を実施していました。しかし、効果はあまりありません。

 

そんな崩壊寸前のコールセンターが、たった6ヶ月で生まれ変わったのです。

 

離職者が減りました。毎月90万円のトレーニングコストが削減できました。20名いたスタッフが17名で業務をこなせるようになり、給与の20%が削減できました。のみならず、チーム内の雰囲気が明るく元気になりました。メンバー間の協力意識が高まり、改善提案すら積極的に出るようになりました。 お客様との対話、スタッフ間の連携がスムーズになり、結果的に対応時間の短縮が実現しました。「呼び出し音5回以内」の目標が、なんと「平均2回」に短縮。目標達成率105%以上を常に維持する状態が続き、お客様アンケートによる満足度調査の数値も上昇しました。

 

どうしてこのような結果が出たのでしょうか。

 

実施したのはマネージャーを対象としたエニアグラムのセミナーです。

セミナーのポイントは3つでした。

 

1、マネージャーが9つのタイプを学習し、今までの自分のやり方が、あるスタッフにはやる気を上げ、他のスタッフにはやる気を下げる内容であったことに気づきました。(他者理解)

 

2、マネージャーが自分自身のタイプを知りました。(マネージャー自身の自己理解)

 

3、 マネージャーがスタッフのタイプを特定し、タイプに合わせたマネジメントを個別に行うことで、健全なコミュニケーションが実現しました。(コミュニケーションの健全化)

 

離職率ゼロを達成したことで、マネージャーが自信を取り戻しました。

結果、このセンター拠点は、その年の社長賞を受賞しました。

上記のうち最大のポイントは1、つまり、「エニアグラムの学習によって、他者のタイプを理解した」ことです。

エニアグラムでは、すべての人は9つタイプのいずれかに必ず分かれます。

タイプの判定は実はそれほど難しいことではありません。

あなたがよくご存じの方であれば、比較的すぐにタイプを特定することができます。

あなたの周りを観察してみてください。

どのようなタイプの方がいますか?

タイプ1、3、6のイラストと解説はすでに見ていただきました。さらに2、4、5、7、8、9のイラストと解説で、考えてみて下さい。

 

ドラえもんタイプ(タイプ2)

優しく、親切な振る舞いで、和やかな、暖かい雰囲気を持っています。他者を訪ねるときは食物を用意し、よくプレゼントをします。皆が喜んでくれて、皆が仲良くできる状態を作り出そうとし、無意識に感謝を要求しています。

スナフキンタイプ(タイプ4)

 

情熱に駆られて夢を追いかけるロマンチストです。他者と違う格好や、他者と違う自分を表現し、独自な自分、他には無い自分であろうとします。繊細で、小さなことにも他者からのマイナス評価を感じると引きこもってしまいます。

 

 

名探偵コナンタイプ(タイプ5)

知的であり、クールな人という印象を与えます。感情を表に出さず、他人に距離を置き、客観的な観察をする人です。思慮深く考察し、事実を得、蓄積し、物事の本質を見極めようとします。他者との何気ない会話が苦手です。

 

 

 

サザエさんタイプ(タイプ7)

いつも周囲に明るさを振りまき、人に警戒感を抱かせない人です。人生は面白ければ良い、と考えており、ふざけたり、おちゃらけてしまいます。アイデアマンで仕事は速く、衝動的に動き、計画未達成になってしまうことがままあります。

 

 

ジャイアン・藤原紀香タイプ(タイプ8)

パワフルです。周囲から恐れられ、注意すると逆に怒られそうな雰囲気を持っています。力(パワー)で支配、攻撃することによって自分を守ろうとします。負けることは人生の敗北だと考えているので、場合によってやり方が強引になります。

 

 

ウルトラマンタイプ(タイプ9)

包容力のあるゆったりとした雰囲気を持っています。話し方はおっとりしていて、安定感があり、心地よさを感じさせます。自分の意見は言わず、相手に合わせることに抵抗を感じません。判断を放棄し、成り行き任せになってしまう傾向があります。

 

この図の中には9つの鍵穴と9つの鍵があります。それは9つのタイプを示しています。皆さんがこの鍵穴と鍵のどれかだとしましょう。あなたの鍵穴にはあなただけの鍵が刺さっています。

さて、あなたは自分の鍵で、他の鍵穴を開けることはできますか?

他の鍵であなたの鍵穴を開けることはどうでしょう?難しいですよね。

 

私たちがあの人を変えたい、と考えることは、自分の鍵で他の鍵穴を開けようとするのと同じ。無理なことです。

しかも、相手を変えよう(自分の鍵を相手に差しこもう)とするのは、相手によかれと思ってのこと。

よかれと思うからこそ、延々無理なことと闘う。

その闘いが対人関係の問題に発展し、あなたのストレスになっていないでしょうか。

 

相手の鍵穴を開けるには、あなた自身が相手の鍵穴に合う鍵を持つ=「他者を理解する」ことです。

 

2006年、パリで研究者・HRMコンサルタント68名の出席者により、第1回エニアグラム& コーチング国際会議「1st International Conference on Enneagram & Coaching 」が開催されました。写真は小学校の先生です。

学校で子どもたちとどのようにエニアグラムの各タイプを学習しているか、について発表しています。

 

また、Dr.エヴァ ベルコフスカ氏(※)からは、「チェコの教職員、人間性向上に向けたEUによる訓練」と題する発表がありました。

チェコ共和国(当時)では2006年1月よりエニアグラムを活用し、小・中学校の教職員に対して、人間性を高める教育プログラムを実施しているというのです。

これは5,600人の教職員に対し行われたもので、235回の講義を通じ、先生と生徒の個の潜在的能力と精神とを成長させることで健康と幸福を 取り戻そうとする試みです。氏はチェコでの急激な工業化の進展により、人間性の喪失、具体的には、子供たちの暴力、 ドラッグの使用、虚脱化現象(燃え尽き症候群)が引き起こされたと指摘していました。EUはこのプロジェクトに対し約4,200万円を拠出しています。まず先生たちが、エニアグラムを学び、子どもたちの各タイプの特徴を知る。

ここでもやはりポイントは、「他者理解」でした。

※心理学者、エモーショナルインテリジェンス専門家、エニアグラム・コーチのトレーナー

 

 


では、国内でエニアグラムの学習をされた方の感想を伺ってみましょう。

■井上篤様 59歳/男性/社会保険労務士/タイプ9

1.エニアグラムを知ったきっかけ・学ぼうと思った理由

エニアグラムを知ったきっかけは、PSRの入門講座(株式会社ブレインコンサルティングオフィス)です。受講してみて、まず自分のタイプ(T9)のことがはっきり分かりました。それを出発点として自己変容、さらには他者の変容、最終的には組織風土改善につながる手法になると考えたため、深く学ぼうと考えました。

2.安村の講義について

前もって準備された講義内容をただ話されるのではなく、受講者のアウトプットをもとに内容が変わってくるところが面白いところです。こんなところは講師のタイプ(T4)ならではの講座の進め方だと思います。逆に言えば、受講者のアウトプットがないと講義自体も単調なものになってしまうともいえます。良きにつけ悪しきにつけ講座は講師と受講者の共同作業だと思います。

3.エニアグラム学習後の変化

まず自己の内面に絶えず関心が向くようになったということ。何らかの事象に直面した時、まず、自分はそれをどう受け止め、どのように反応し、どのように行動したのか?この点に関心が向くようになりました。

次に、相手に対しても、まずは「どんなタイプなのだろう」ということを考えるようになり、自分なりに仮説を立て、質問等を投げかけることによってタイプを特定するようなアプローチをするようになりました。また、それにより相手の言動に納得感が増すようになりました。

4.エニアグラムの活用法

現在の仕事(人事制度構築支援、研修の企画・実施等)に更に厚みと奥行きが増すのではないかと期待しています。特にこれまで個別対応という面で不足していましたので、よりきめ細やかなコンサルティングが可能になると考えています。

 

■H・E様 40歳代/男性/食品メーカー勤務/タイプ4

1.エニアグラムを知ったきっかけ・学ぼうと思った理由

エニアグラムは品質保証部に所属していたときに知りました。とにかく片付けない上司がいました。シフト制の部署だったのですが、休みの人の机の上に書類を広げたままにする、使ったペーパータオルを丸めて人の机に置く、工場中の爪ブラシを集めてきて流しに放置(たぶん洗うつもりだったんだろう)などなど。

この人ADHDかなにかの障害を持っているのでは?と思いネットで証拠集めを試みました。ネットで検索して出てきたページがこれ↓

http://archives.mag2.com/0000079497/20070522090000000.html

これがエニアグラムを知った瞬間です。とりあえずメルマガに登録しました。

その後「9タイプ・コーチング」を読みました。この時はこれ使えたらいいなぁ、そのうちもっと詳しく読み込もうと思っただけでした。

<学ぼうと思ったきっかけ>

その後2回部署が変わり購買課に所属となりました。組織再編と重なり、最初の2ヶ月間は2部署分の業務をしないといけない状況で毎日7:00~22:00という勤務状況でした。さすがに上司に無理と申し出るものの「それなら始発で出てきて、終電で帰れ!」とのお言葉。在庫を見て発注業務の傍ら、原料のコストダウンもしなければなりません「数字に届いていない!どうするつもりだ!」「どうするかは担当自身が考えろ!」「設定した数字に達してから報告しろ!」と会議では責める言葉しか言われません。出来る方法を一緒に考えようとか、やろうとして壁にぶち当たっているあと少しの部分をサポートしようとか言うことは一切ありませんでした。そのわりに上からの受けは良いようで、この上司の本性を見破ることができない会社に恨みを抱くようになりました。

以前からその様な人だったとのことで、組織再編でその人から離れることが出来た人からは同情をされました。仕方なく嫌な上司とつきあう方法、ボスコントロールなどに関する本を読みました。しかし役に立ちそうな記述はありません。

そんなときエニアグラムもっと詳しくやってみるかと重い腰が上がりました。なんとかしてこの上司を思いのままにコントロールしたい。これが学ぼうと思ったきっかけです。

思い立ったら吉日。6月の1日コースを申し込みました。話を聞いてみると本から受けていたイメージとだいぶ違うことがわかりました。またそれぞれのタイプってここまで違うのかという驚きに包まれました。エニアグラムをもっと理解すれば仕事以外でも何か変わるかも知れないと思ったのでありました。

2.安村の講義について

<良いところ>

各タイプの思考回路を解説するタイプのセミナーです。なので各タイプの概論がよくわかります。

→解説がないセミナーを行っている団体も多いです。各タイプが話すことや絵から自分なりに法則を拾って理解していかないといけないので、先に概論を教えてもらうことで効率よく各タイプを理解する素地を作ることが出来たと思います。

質問に対して理論的に答えてもらえます 授業以外でも対応してもらえるのでありがたいです。

受講生と毎回顔を合わせるので親しくなれます。同じ授業を受けているのでエニアグラム的にどうかなど共通言語で相談が出来ます。さらに良いところは、再受講できるところ。

<悪いところ>

受講生だけではすべてのタイプが揃わないので他のタイプはどうなのか、生で聞けない。その場にいないタイプの雰囲気がつかめない。

その日参加した受講生のタイプによるが、話が脱線して雑談で終わってしまうときがある

寅さん知ってる? → 映画を見たことないです → じゃぁワンピースわかる? → 読んだことないよ~→ その中間の世代でわかる題材を・・・

3.エニアグラム学習後の変化

<エニアグラム>

嫌いな人も「あぁあなたならそう言う考え方するのも仕方ないよね」とあきらめることが出来るようになりました。なのでストレスが減りました。

会社の中がなぜうまくいっていないのかわかるようになりました。みんながエニアグラムを勉強すれば今より遙かに良くなるのにと、今までとは違うストレスがたまるようになりました。

1つ嫌いなところを見つければ全部嫌いになっていたのですが、部分的に良い悪いが見れるときもあるようになりました。

この人は何のタイプか、と見るようになりました。その人がタイプ特有の単語を言ったとき喜びを感じるようになりました。日々の楽しみが増えました。

過去の嫌なことを思い出したとき、あっち行けと思えるようになりました。それまではタイプの特性とは知らず、嫌なことを思い出す度、気分がどんより沈みまくっていました。

<コーチング>

こうあるべき、なぜこうしないのかと責めることが減りました。とりあえず相手がどう考えているのか聞くようになりました。

4.エニアグラムの活用法

<自分が出来ること>

人間関係で活用できると思います。しかしまだ活用できるレベルには行っておらず、自分が受けるストレスを減らすレベルにしか到達していません。

<社会がこうなって欲しいこと>

人事が活用すれば大きいと思います。採用でも使えるし、昇格でも使えると思います。健全な人を採用すれば、教育に費やすコストが抑えられるでしょう。昇格試験ではそのタイプの弱点を自覚しているか、問題発生時にどういう方法で乗り越えたのか、エニアグラムを使ってタイプ別に質問事項を振って合否を決めれば良い組織が出来るでしょう。経営者自身がエニアグラムを使って自己理解を深めれば、特定のタイプに自分がボーナス点を上げてしまう癖がわかるようになり、お気に入りの人材ばかりを出世させて、結果、偏った組織をつくってしまうことがなくなると思います。

■M・S様30歳代/男性/SE/タイプ4

1.エニアグラムを知ったきっかけ・学ぼうと思った理由

 キャリアカウンセラーの研修会で知りました。以前より、ひとにはいろんな個性があり、性格も様々なわけですが、明るい、活発、慎重、真面目などの部分は表面に現れているものだけで、その人の行動の源泉となる何かは別にある、と思っていたので、これか、と思い興味を持ちました。

2.安村の講義について

エニアについての知識、経験が豊富なのでいろんな興味深いお話が聞けて毎回楽しみです。ゲストを迎えての対話では、ゲストの方が自分の気質について熟考される場面が多いのですが、決して誘導するのではなく、じっくり考えてもらって本質がでるような問いかけをされるのがさすがだと思います。

私は通信コースをスマホで毎回視聴させて頂いているのですが、タイプの絵を見ながらの話しの時に少し絵が見にくいです。

(パソコン画面だとよく見えるのだと思いますが)

可能でしたら、配布資料の中にビデオで紹介される絵もあれば嬉しいです。

3.エニアグラム学習後の変化

 自己理解

今までの人生を通して、なぜこういう行動をとってきたのか、考え方をしてきたのか、他のひととの異質な部分が腑に落ちました。

自分の気質をよく理解したうえで今後の人生をよりよくして行きたいという前向きな気持ちになっています。

他者理解

他のタイプの方のいやな部分も根底にある事を理解して接すると気にならないことが分かります。タイプ8の方の他人に対する攻撃性や威圧的な態度もただそうしたいのではなく、他人にコントロールされることからの恐れからきていると考えると、ジャイアンも可愛く思えてきます。

4.エニアグラムの活用法

周りの方との人間関係が円滑に行えるようになると思います。また今後の学びになりますが、自分自身の健全度の状態を認識することで精神の状態を安定的に保つことができるようになると思います。

今後、他者のキャリア支援を行う場合にはタイプにあった言語やアドバイスをすることによってより効果の高いキャリアカウンセリングができると思います。また信頼関係も早くに構築できると感じています。

5.通信コースで学ぶメリット

私は大阪に住んでいますので、東京へ講座を受けに行かなくてよいので非常に助かりました。地方の方には大きなメリットだと思います。

繰り返し視聴を行うことができるので、理解が深まります。また注意深く確認したいところを集中的に確認することができます。

安村先生が各タイプの特徴を赤裸々にされる、問いかけの手法を学ぶことができます。

 

■E・M様 40歳代/女性/キャリアコンサルタント/タイプ2

1.エニアグラムを知ったきっかけ・学ぼうと思った理由

キャリアコンサルタント仲間に紹介されたことがきっかけです。

人の使い方、動かし方、理解の仕方がビジネスに、またプライベートでもに役立つことに気づき、興味を持ちました。人を理解する前に、自分を理解する大切さにも気づかされました。

2.安村の講義について

多種多様な表現(事例や理論)をして下さるので納得感があります。話し口調が柔らかいので受け入れやすいです。以前タイプの2の勉強会に参加したときの事ですが、無駄に優しすぎず、本題からそれたり、自己本位な方向になりそうだと判断されたときは、びしっと制止され軌道修正されるところなどリーダー気質もおありと思いました。

3.エニアグラム学習後の変化

人それぞれ自我・気質があるとわかると、苦手な人でも表面的な言葉や表情に振り回されなくなり、楽になります。

自分のことはもっとわからなくなったというか、どうしたいいのだろうと思うようになりました。自分のことに向き合えているのだと思います。さらに学習を進めていきたいです。

4.エニアグラムの活用法

自分の活かし方を追求したいことと、人も見る目を養い、よりよいキャリア支援につなげたいと思います。

5.通信講座で学ぶメリット

時間に縛られず、自宅に居ながらにして自分のペースで学習できるところです。

気になるフレーズの時、一旦停止してゆっくりメモを取れる。表情を再確認することも出来ます。自然体の映像なのでリアルに、臨場感を得ながら学習できます。

 

■松本麻衣子様 30歳代/女性/社会保険労務士/タイプ9

1.エニアグラムを知ったきっかけ・学ぼうと思った理由

社労士向けの情報提供サービスのメルマガで、問題社員への対応に役立つツールとしてエニアグラムが紹介されており、興味がわきましたので、体験セミナーを受講したのがきっかけです。

2.安村の講義について

数多くの実体験を交えてお話してくださるので、イメージがわき易いです。また、ユーモアを交えてお話してくださるので、楽しみながら参加できております。また、参加者にやる気が欠けているときなどには、厳しく注意をしてくださり、学ぶ姿勢について考えさせられる良い機会となりました。

3.エニアグラム学習後の変化

今まで何となく意識せずにしていた行動が、自分のタイプの根元的恐れから来るものだと知ったとき、全く意識したことのない感覚だったにも関わらず、何故だか腑に落ちました。落ち込んで感情がコントロールできなくなる時がたまにあるのですが、その混乱が自分のタイプに起因する欲求との葛藤から来ていることがわかり、混乱に飲み込まれるのではなく、少し距離を置いて自分を見ることができるようになった気がします。

4.エニアグラムの活用法

何故だかわからないけれど、繰り返してしまう行動や止められない思考などの理由を、エニアグラムを通して理解する手助けをすることにより、苦悩を和らげ、成長につなげる道筋を示せたらと願っています。

経営者と従業員、上司と部下の関係で悩みを抱える関与先企業に、エニアグラムを活用して的確なアドバイスができるようになりたいと考えています。

■T・S様 40歳代/女性/事務職/タイプ8 

1.エニアグラムを知ったきっかけ・学ぼうと思った理由

受講生が開催したセミナーに講師としていらした安村先生と出会ったのがきっかけです。

2.エニアグラム学習後の変化

以前は他者の考え・行動を理解しようとは思いませんでしたが、受け入れようという気持ちになりました。自分の気質を理解することで自我を少しずつですが、手放すことができ気持ちが楽になったように感じます。

自分と他者とは違うフィルターでものを見ているということを知ってから、例えば職場でも相手に伝わるような言葉を使うようになりました。

3.エニアグラムの活用法

進学・就職する際の1つのツールとして活用できる

タイプ別の長所を生かした学校・会社選びに役立つ

4.通信コースで学ぶメリット

自分の都合のいい時に受講することができる。(仕事・子育てなど忙しい方にいいのでは)

■石川みき様 40歳代/女性/キャリアコンサルタント/タイプ3

1.エニアグラムを知ったきっかけ・学ぼうと思った理由

5年前、友人から勧められた書籍でエニアグラムを知りました。

最初私は自分のことをタイプ8だと思っていて、自分のタイプをはっきり3だと認知したのは、本を読み始めて半年ほど後のことです。

本を読み始めてすぐに、「なにこれ!仕事にめっちゃ使えるやん!」と感じました。

上司のパワハラに悩んでいる、転職したい、自分の強みがわからない、そもそも自分がどんな仕事に向いているのかわからない、職業相談に来られるクライアントの第一声はそれぞれですが、クライアントのタイプを特定できるようになってから、クライアントが相談したい本当の悩みに少しずつ共感できるようになりました。ところが、エニアグラムを本で学び始めてしばらくたったとき、キャリアコンサルタントとして勤めていた職場で、こともあろうかキャリアコンサルタントである自分が契約の更新を打ち切られる、というとても恥ずかしい経験をしました。おまけに2度目の離婚・・・

なぜ更新されなかったのか、なぜ結婚が長続きしないのか。

悩みに悩んだ末、それは私に問題があった(タイプ3の囚われに縛られていた)からだと気づきました。

それ以降はクライアント理解のための「道具」という使い方ではなく、自分自身を理解するための知恵としてエニアグラムを真剣に学ぶようになりました。

2.安村の講義について

安村先生に師事して学習しようと決めたのは、安村先生が徹底して「相手の立場に立つ」ことの必要性を説いておられたからです。

悩んでいた時、私ができていなかったことは「相手の立場に立つ」ことでした。

自分の色眼鏡を外して、相手をありのままに受け容れること、それが「相手の立場に立つ」ということで、エニアグラムはそのためにある。

安村先生ご自身のあり方から、自分自身から解放され自由に生きることの素晴らしさも学びました。

3.エニアグラム学習後の変化

タイプ3の囚われを手放すことを心がけるようになったことで、タイプ3特有の強い虚栄心や失敗への恐怖心が和らぎ、相手の立場に立つ心のゆとりを持てるようになりました。

そして、自分のことがよくわかるにつれ、自然と相手のタイプへの理解も深まったため、人それぞれ、の具体的な意味がわかり、対人ストレスが激減したと感じています。

認知症の母との喧嘩もなくなりました。

無表情なクライアントへの苦手意識もなくなりました。

スポットライトを浴びることへの渇望もなくなりました。

結果、人と接することが楽しくなりました。

独りよがりの固まりだった私が、「すべての人は正しい」と思えるようになりました。

4.エニアグラムの活用法

キャリアコンサルタントとしてクライアント理解を深めるツールとして、また、自分自身のクセや偏りを修正するツールとしてこれからも活用していきます。

今後は、セルフ・キャリアドック制度導入支援など、企業向け外部キャリアコンサルタントとして活動領域を広げていきたいと考えていますが、企業の経営者様との商談にも使えると考えています。法人向けのトップ営業は苦手でしたが、経営者様との関係構築も、エニアグラムタイプを判定して相手の立場に立つことでスムーズに進み、早い段階で本音をお話しいただけるようになったと感じています。人材をめぐるお悩みも経営者様のタイプごとに異なります。そのお悩みに寄り添って、制度や研修のプランを考えられるようになりました。

5.通信講座で学ぶメリット

通信講座を受講していて感じるのは、

「最初からこの講座で学んでいたら、もっと早く深くエニアグラムを理解し、正しく活用できたのに・・・」です。

本を読んだりセミナーに参加したり、あれこれさまよった5年間、全くピンとこなかった他のタイプの謎が、ゲストの方の生の声で一瞬にして解ける瞬間が何度もありました。

安村先生のトピック講義も初学者向けでとてもわかりやすく、毎回楽しみです。

この通信講座でエニアグラム学習をスタートされる方々は、とてもラッキーだと思います。


 

当社は、エニアグラムの学習法としては日本で初めて通信コースを開講しました。

最後に、通信コースで学ぶメリットについてお伝えします。

【メリット1】エニアグラムの全タイプを網羅的に体感

 

エニアグラムが日本に紹介されてからこれまで、その学習方法は本を読むかセミナー・ワークショップに参加するか、いずれかしかありませんでした。

エニアグラムは「人間学」とも言われています。つまり、対象はあなた自身を含めた「生きた人間」です。

さらに、エニアグラムを活用するためには、あなた自身が自分のタイプを把握するだけでは不十分です。あなたの周りの人々について、あなた自身がタイプを特定するスキルを身に付ける必要があります。

タイプ特定への近道は、活字ではなく「生きた人間」から9つのタイプすべての特徴を「網羅的に」「体感する」こと。

もちろん、エニアグラム学習も学習である以上、3日坊主で終わらせないことも大切。その意味で、「楽に楽しく学べる」、「いつでもどこでも気軽に学べる」、この二つも重要なポイントです。

 

① 網羅性 

② 体感性 

③ 楽に楽しく学べる 

④ いつでもどこでも学べる

この通信コースは、この4つの要素、すべてを備えることにこだわったコースです。

 

<エニアグラム学習法の比較>

 

網羅性

体感性

らくで楽しい

いつでもどこでも

書籍

×

セミナー・

ワークショップ

×

通信講座

 

そして、「楽しい」「役立つ」「成長する」、この3つはこれまで、当社がご提供するすべての講座に追求してきた価値です。もちろんこの通信コースにも、随所に3つの仕掛けを盛り込みました。ぜひご期待ください!

 

【メリット2】初学者でも安心してご受講いただけます

 

安村が各コースの冒頭で、各タイプの特徴を丁寧にわかりやすく解説させていただいていますので、初学者でも安心。

9タイプのゲストが安村のナビゲートで「タイプあるある」を存分に語ってくれます。あまりに赤裸々なゲストの発言や生々しい体験談に、エニアグラムを深く知る安村ですら目からウロコ、思わず爆笑するシーンも。

自然な日常会話で展開するゲストの身近な体験に聞き入るうち、あっという間に90分、気が付いたらタイプを深く理解している、そのような流れです。

例えばタイプ7の授業を見終えた後、そういえばあの人もこの人も・・・、と、すでにあなたは、タイプ7の方を何人か特定できているかもしれません。

毎回のトピックも、安村自身が厳選したエニアグラムの魅力が満載。

 

エニアグラムについて全く知識のない方でも、無理なくお楽しみいただけます。

 

 

【メリット3】ご自宅でご自分のペースで学習いただけます 

通信コースのメリット

ポイント1 ご自宅で自分のペースで受講できます。
ポイント2 ご自宅で受講できるので、移動時間や交通費、宿泊費の節約ができます。
ポイント3 12ヶ月間、何度でも受講できます。
ポイント4 解らないところは、動画を静止して何度でも確認することが出来ます。


 

学習方法

通信コースは、各タイプを学べる授業を1週間ごとに動画として配信します。また各タイプの動画と併せて、学習用のテキストがダウンロードできるようになっています。テキストをお手元に動画の授業を受け、各タイプについて学習してください。

実務ですぐに使えるエニアグラムの知恵を毎週お届け

エニアグラムを学習している各タイプのモデル本人から特徴を引き出すインタビュー

エニアグラムを学習している各タイプのモデル本人から特徴を引き出すインタビュー

学習効果

  • 潜在意識部分における自己理解によって、深い自己受容が出来るようになり、精神が安定し、自己信頼感、安心感が得られます。
  • 潜在意識部分における他者理解によって、他者のタイプにおける考え方・心理、以前は理解できなかった他者の言動が理解できるようになります。

学習内容

エニアグラムアカデミーでは、学習の目的を変容経験における、本質的成長(リソ&ハドソンによれば、魂の変容)とし、変容経験の全体像を次のように定義しています。

4つのフェイズにおける変容経験

フェイズ1・・・自己の自我・気質タイプ(以下、タイプ)の特徴について根源的恐れ・根源的欲求・囚われ・態度行動・言語を理解し、受け入れる。他者のタイプの特徴についても理解し、受け入れる。

フェイズ2・・・自己のタイプの健全性レベルを理解し、受け入れ、改善に取り組む。他者の自我・気質の健全性レベルを理解し、受け入れ、支援に取り組む。

フェイズ3・・・自己放棄に目覚め、タイプと本質との違いに気付き始めて、痛みを頻繁に感じる。落ち込みや絶望に襲われながらも本質の力が働き始め、しばらくすると、自らの力で、自我同一性から離れ始める。

フェイズ4・・・根源的な恐れからの逃走と、根源的欲求のひたむきな追求から離れ、魂の変容である、全人的統合と相互愛へと進化を続ける。真の高潔さ、愛、真正、創造性、理解、導き、喜び、力、落ち着きを得る。

(参考:エニアグラム―あなたを知る9つのタイプ【基礎編】:ドン・リチャード・リソ&ラス・ハドソン)

一般的に学習の結果に求められる「変化」とは、「思考」が変わり「行動」が変わり、「違う結果」が出ることです。これに比較して当アカデミーは「変容」を目的とし、自己理解によって「潜在意識」が変化し「顕在意識」が変化し「行動と習慣」が変化し、以前と違う人生を歩むことです。自分と他者の人生に良き大きな影響を与えることを目指しています。

また、各能力レベルを5段階とし、各レベルは各認定と連動しています。

基礎(通信)クラスでは、「自己理解と他者理解」がテーマです。変容経験の4つのフェイズにおけるフェイズ1に焦点を当てて学んでいただきます。

5段階の能力レベルと認定項目

・Level5・・・実務能力養成者の育成者「EBCマスター認定」

・Level4・・・実務能力養成者    「EBCスーパーバイザー認定」

・Level3・・・資格取得指導者    「EBCインストラクター認定」

・Level2・・・コンサルタント実務者 「EBCユーザー認定」

・Level1・・・資格取得者      「EBCホルダー認定」

*EBC(エニアグラムビジネスコンサルティング)

カリキュラム(抜粋)

1、各タイプの特徴・・・各タイプの持つ根源的恐れ、外見や行動、言語などの面からタイプの概観、特徴を理解します。

例:サザエさんタイプ(タイプ7)の理解

・サザエさんタイプの根源的恐れ「満たされない」について

・サザエさんタイプの根源的欲求と囚われの特徴「7割で飽きる」などについて

・サザエさんタイプの態度・行動・言語の特徴「ま、いっか」などについて

・サザエさんタイプの顔の特徴「笑いじわ」などについて

・サザエさんタイプの統合と囚われについて

また「エニアの薬」「タイプ毎の成長」「スポーツと自然治癒における自己改善の原理」などのトピックにより、他のエニアグラム研修機関では得られない、さらなるエニアグラムの深い知見を得ることが出来ます。

2、各タイプの特徴の本人確認・・・そのタイプの方と講師とのやり取りから、各タイプの特徴をさらに深く学習します。各タイプがどのような言語が受容しやすく、どのような言語が受け入れにくいのか、どのような態度・行動は好ましく感じ、どのような態度・行動に拒絶的な感情が湧くのかなどを学びます。

例:サザエさんタイプとのセッション

・サザエさんタイプに描いて頂いた絵の解説

・サザエさんタイプの根源的恐れ・欲求・囚われから発するコミュニケーション・ライフスタイルの学習をインタビュー形式で伺う。例えば、「サザエさんタイプは食物を味わえない」ことなど。

キャリアコンサルタントの方へ 
他の研修プログラムとの大きな違いは2つです。

他のセミナープログラムにおける自己理解の項目は、顕在的な「役割」「後天的な価値観」「経験から得た学習」「能力」「成功への欲求」「性格、個性」などです。比較して当プログラムでは、潜在意識部分に焦点を当て、「無意識的、自動的に、各タイプは自我・気質から何を見ているのか」、「無意識的、自動的に、各タイプは自我・気質から何を聞いているのか」、また「無意識的、自動的な言語、態度、行動、反応や選択」を理解します。

1、この学びにより、キャリアコンサルタントは、現場での気づきが高まり、カウンセリング技術の改善が進み、以前の自分を超え、素早い、効率の良い、成果の出やすいカウンセリングが実現できるようになります。

2、自己理解は、9つある自我・気質を学ぶことでもありますので、全ての他者を理解することと同じことになります。他者の自我・気質における潜在意識部分にある、自分とは異なる各タイプの言語、態度、行動、反応を理解します。各タイプにとって、どのような言語が受容しやすく、どのような言語が受け入れにくいのか、どのような態度・行動は好ましく感じ、どのような態度・行動に拒絶的な感情が湧くのかなどを学びます。この学びにより、クライアントの自己理解を容易にさせるばかりではなく、クライアントのもつ深層の課題、気付かせるべき改善部分が素早く把握できるようになり、相談業務サービスの質を飛躍的に向上させることができるようになります。

 

お申込み 

 クラス 価格(消費税込) お申込み 
Web動画セミナー見放題コース(全12回)

38,880円




お申し込み

 

 

お支払方法

銀行振込、クレジットカード

 

振込み先 三菱東京UFJ銀行 銀座通支店 普通1106225
株式会社エニアグラムコーチング取締役安村明史

※お振込はお申し込み後7日以内にお願します。振込手数料はご負担ください。

 受講の流れ

当ページよりお申込みください
 ↓
受講のご案内をお送りします。
 ↓
1週間ごとに公開済みの動画講座(約2時間)とテキスト(PDF)を
「タイプ1の学習」から順次受講者専用ページにて公開します。
 ↓
お好きなタイミングで動画をご受講ください。
※お申込みいただいたWeb通信講座の会員のみ視聴可能です。
 ↓
ご不明な点は、質問フォームよりお送りください。
 ↓
2017年12月で全12回すべて公開予定となっております。

 公開スケジュール

タイプ1の学習 2017年1月
タイプ2の学習 2017年2月
タイプ3の学習 2017年3月
タイプ4の学習 2017年4月
タイプ5の学習 2017年5月
タイプ6の学習 2017年6月
タイプ7の学習 2017年7月
タイプ8の学習 2017年8月
タイプ9の学習 2017年9月
エニアグラム・コーチングの学習1 2017年10月
エニアグラム・コーチングの学習2 2017年11月
エニアグラム・コーチングの学習3 2017年12月

安村 明史(やすむらめいし)

講師プロフィール
安村 明史(やすむらめいし)

略歴
  • 1958年3月生
  • 性格応用心理学の専門家として、NHKクローズアップ現代などから取材を受ける識者
  • 株式会社エニアグラムコーチング取締役社長
  • 一般社団法人日本コミュニケーション協会代表理事
  • 15年間の学習塾経営後、リクルート系コンサルタント会社で人材教育に従事
  • 日本で初めてエニアグラムコーチングのプログラムを開発。
    2006年、パリで開催された第一回エニアグラム&コーチング国際会議に日本よりただ一人出席。
  • 厚生労働省 雇用・能力開発機構『コーチング技法』テキスト執筆者、元講師
  • 累計4万人以上の読者を持つメルマガを月8回発行
主な実績
  • プレジデント、毎日新聞などに掲載
  • 財務省上級職員研修(4年間)、
    大規模医療法人幹部研修、ソニーリーダー研修などの講師、
    人事コンサルティング多数
  • コーチング・カウンセリングセッション時間3,000時間以上
  • エニアグラム・コーチングセミナー教授人数3,000人以上
  • 2012年5月BSフジ「社長密着24時」に出演
  • 2013年2月日刊ゲンダイに掲載
  • 同年2月ニッポン放送「情報発見ココだけ」に出演
  • 2014年10月プレジデント「職場の心理学」にインタビュー記事掲載。
  • 2016年5月プレジデント「相手の性格別「言い方、聞き方、任せ方」大全「エニアグラム診断で対応法を細かく解説」掲載他、マスコミ出演多数。

  20165.30号のPRESIDENTで安村明史が監修した記事は、こちらから閲覧できます。